読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害 漂流記

発達障害(ADHD)の元引きこもりのブログ。

ぼくなりの、ADHDに対する薬物療法

 

クスリへの抵抗感

 

「クスリ」について強い抵抗を持つ人は多い。できれば漢方で、とか薬を使わない方向で、とか。ハーブで、とか、デトックスで、とかさ。

それが個人の主張だけだったらいいけど、発達障害や他人に理解されにくい障害を保つ場合、それを飲んでることがわかってしまった場合、使うな!という横槍が入る場合がある。

 

でもさ、薬を使わない、完全にナチュラルな人間って、どこに存在する?

生まれた時から新生児用のK2シロップを飲み、小学校に入ったらハンコ注射、オロナインを塗って湿疹を治し、虫に刺されたと行ってキンカン塗る。 

統合失調症てんかんなどは新薬によって劇的に改善されてきた。統合失調症なんて、以前は不治の病だったのに、クスリの発達によって、軽度であれば2週間程度の入院で社会復帰できるという記事をみつけて、空いた口がふさがらなかったこともある。

入院が少なくなったせいで、閉鎖病棟のベッド数が余っているという記事もみたことがある。

県営の大規模な精神病院に行ったことがあるけど、デイケアを受け入れていて驚いた。それだけスペースに空きあるんだろうか?

だから、過去不治の病とされていた精神病でも、2週間で退院することができるかもしれなくなってるわけだし、発達障害を持っていたとしても、きちんとした薬を使うことで改善をしていくことは可能なんじゃないかな?

 自分もそうだけど、「知らないことについては、その必要性すらわからない」だと思う。とくに、その存在が怪しいと思ってしまう精神や脳の機能障害に対する系統のクスリのものについては。だから、おせっかいやきの親や知人や友人や周りの人が薬を使うことについて、嫌悪感を示し、ぼくらを苦しめる。

 で、もう一度聞くんだけど、ナチュラルな人間って存在するの?今まで散々、抗生剤やワクチン、洗剤や日用雑貨に至るまで等「クスリ」に頼ってきた癖に。

 僕は、理想のナチュラル人間を目指すより、「クスリ」を使って、現状の改善を目指す人でありたい。とくにクスリの発達が著しい現代においては。

1.ぼくなりの、ADHDに対する薬物療法

 

発達障害に効く薬はある。

 しかし、医師自身も発達障害について理解していないことが多く、適切な処方が出るとは限らない、と思っている。

 精神科で出されるクスリに不信感が出るのは、適切な処方を出せない医師に対してであって、クスリそのものではないのではないかな?

 また、発達障害に効く薬は薬価が高いものがほとんどだから、ネット上の似た状況の人の処方と自分で集めた書籍からの情報をもとに使う薬を個人輸入したり、市販薬を転用して利用する方がコストを抑えつつ効果を出すことができるといまは考えている。

 もちろん、信頼できる医師を見つけその人の管理のもとで飲んだほうがいいけど、医師とコミュニケーションを取る上で、クスリについて少し勉強しておくことは決して悪くないことだと思うよ。

 

ADHD治療薬、ストラテラジェネリック

 自分が使用しているのは、ADHDの治療薬であるストラテラジェネリック薬、アクセプタの60mg 11錠。

 向精神薬指定されていないらしく、海外通販でふつうに手に入る。

 

http://www.osakado.org/detail/003786_axepta10.html

 

脳の判断や抑制を司る、前頭前野に効き、判断力や集中力を高める薬だ。

その効果によって、考える事の他動、思考の多動を抑えることができる。

ただし、日本でストラテラを処方してもらうと薬価が高すぎて三割負担の保険が効いても一月に15000円以上かかるが、これなら100錠で八千円程度。円の強いいまならもう少し安い。(円安ばかりが良いとは限らない。強い通貨を持てることは幸福なことだと思います)12錠飲むとして、月5,000円程度までコストを抑えられる。

いまは円が強くなったので、もっと安い。

アクセプタは1ヶ月以上の長期で飲まないと効果はないが、飲み続けると一つの物事にフォーカスできるようになった。また、計画を立てても、途中で疲れてしまい最後まで行えなかったり、無理して計画通りやってしまい、次の日の仕事を休んだりしてしまうこともなくなった。

自分は中途覚醒してしまう副作用がでたから、睡眠系のサプリメントや薬を利用して副作用を抑えてる。

 

 

 

インドのクスリについて

 このストラテラジェネリック薬、インド製ということもあり、不安がる人もいるようだが、そこは問題ないと感じている。

1950年ぐらいから、中国とソ連が国境をめぐって核をにらみ合わせながら兵を出して争っていた時(中ソ国境紛争)、ソ連は中国の背中に位置するインドに技術提供を行っていた。(中印国境紛争)つまり、敵の敵は味方ということで、技術提供していたということだ。

 

 

 

朝日新聞グローブ (GLOBE)|Webオリジナル 製薬の未来を語る

旧ソ連の技術支援を得て、公営のインド製薬公社(IDPL)がハイデラバードにつくられたのが1961年。このIDPLから多くの優秀な人材が輩出し、自らの製薬会社を興して薬の生産を始めました。これらの会社は他の国よりも安価に薬を作ることができました。先進国で使っている、複雑でコストの高い製造方法に工夫を加えることで、より単純で安い製造方法を考案したからです。高品質の化学製品を安く、大量生産できることがインドの強みです。

 

 

インドの医薬品業界は、旧ソ連の技術支援を得て、国の医薬品ベンチャー立ち上げ策もあり、低価格かつ高品質な医薬品を開発し続け、輸出されるほどにまでなっている。

いまでは国境なき医師団が、品質が高く、コストパフォマンスに優れたインド製医薬品を使っているほどだ。

また、シリコンバレーにはインド人技術者が多いという。数字のゼロを発明したのもインド人だし、その数学力はイスラムを通じてヨーロッパに渡り、ルネッサンスにも影響を与えた。

理数系や化学系の抽象的な思考には強い国なのかもしれない。

だから、品質には問題がないと考えている。

オキシトシンスプレー(シントシノン)

 

ひとの感情を理解しづらいアスペルガー気質の強い人にも、治療薬はある。

自閉症アスペルガー症候群の対人コミュニケーション改善に効くかもしれないと研究されているオキシトシンスプレーも海外から個人輸入で購入が可能だ。

自分はアスペルガーの傾向は少なかったせいか、使っても効果はなかったのですが、入手出来たので書いておきます。

 

シントシノン | 育毛剤・ED治療薬 海外医薬品個人輸入代行 オオサカ堂

 

 

デパス/デパスジェネリック

頓服で抗鬱薬デパスジェネリック、エチラームの0.5mgを頓服でのむことがある。

飲んですぐに全身の緊張が抜け、眠くなるから、睡眠前に取るとちょうどいい。

オオサカ堂で10錠で1,000円ぐらいで売っている。コレもインド製。

エチラームは飲むとほんわかとした気分になり、眠気を引き起こして、筋肉の緊張を取るので睡眠が取りづらいとか仕事でストレスを感じた時の寝る前に飲む。

睡眠を確実に取り、ストレスを翌日に持ち越さず、睡眠不足で自分の発達障害の気質出さないようにするために利用。ただしアルコールとの併用は厳禁。

デパスは肩こりにも処方されるぐらいだから、安全性も高いと思われる。

こちらもオオサカ堂で入手可能

 

(デパスジェネリック)エチラーム | 育毛剤・ED治療薬 海外医薬品個人輸入代行 オオサカ堂

 

オメガ3脂肪酸で抗うつ作用を狙う

オメガ3脂肪酸は毎日飲んでる。オメガ3脂肪酸は健康食品だが、軽い抗うつ作用が確認されており、利用し続けている。ADHDの気質発生→失敗する→落ち込む→死にたくなる場合があるので、その時の気分の落ち込みを予防するために飲み続けている。

これはAmazonで売ってる。

ウルトラオメガ3 (500EPA/250DHA) 180錠  海外直送品

ウルトラオメガ3 (500EPA/250DHA) 180錠 海外直送品

 

 

www.tanaka-cl.or.jp

 

 

レスタミンコーワ睡眠導入剤代わりに

 

市販薬の抗アレルギー薬、レスタミンコーワも使える。この薬は元々はアレルギー治療薬で風邪薬にもはいごうされていたが、眠気を引き起こすので、最近は使われなくなっていた。が、その眠気を逆用した薬が別名で売られている。眠る猫のパッケージで有名なドリエルだ。睡眠改善薬として売られてるドリエルだが、数回分で1200円ぐらいする。

レスタミンコーワドリエルと同量飲むにはレスタミンコーワ5錠飲めば同じ量になる。コストも安い。徐放性とか違うかもだけども。

この方法で飲めば自分は朝までぐっすりだ。入手もしやすいのでよく利用し、中途覚醒で起きてしまった時も量を減らして飲んで、朝まで睡眠を取れるようにしている。

 

これもAmazonで売ってる 

【第2類医薬品】レスタミンコーワ糖衣錠 120錠

【第2類医薬品】レスタミンコーワ糖衣錠 120錠

 

ただ、県立病院の精神科の先生によると、この方法を使うよりもデパスの低容量を使ったほうがよいとのことだった。入手性は確実にこちらの方法のほうがよいので、なにかのつなぎとして使うか、医師から処方される睡眠薬に抵抗感を持つ人が使うのがいいかもしれない。

 

参考記事はこちら

徒然覚書: ドリエルは高いから睡眠導入剤としてレスタミンコーワ購入!?

メラトニン

 

時差ぼけの解消に使われるサプリメントメラトニンもある。

このサプリは、国内では市販されていないが、アメリカではドラッグストアで売られており、個人輸入でも入手しやすい。自分は睡眠リズムを変えたい時に使うことが多い。昼夜の切り替えがある、夜勤の仕事をしている時に利用していた。今はナトロール社の5mgを睡眠のタイミングをかえる時に頓服で使う。

こちらもオオサカ堂で入手可能。

http://www.osakado.org/tag/メラトニン/

 

睡眠リズムがどうしても揃えることが出来ないばあいは、メラトニンが有効かもしれません。

 

、こういった感じだろうか?

自分はこういったクスリやサプリを利用して、体調を安定させようとしています。

もちろん、薬のみに頼るわけではありません。運動や環境改善も含めた方法を組み合わせて更に効果を増せていると実感しています。

 

特に発達障害をもつ人は睡眠障害も起こしやすいと聞きます。

 

もし、クスリである程度睡眠がコントロールできれば、発達障害の気質も昼間に出づらくなるのではないか?と考えています。

また寝付くことが出来ても、長時間睡眠が取れない場合にはそれに対応する睡眠薬が必要になります。その場合はクスリの強さも強く、自分の場合は自分自身で取れるリスクの範囲外だと感じたので、そこまではやりませんでした。

もしかするとオオサカ堂でそのようなクスリが売っているかもしれません。

また、耳栓とアイマスクと遮光カーテンもいいと思います。自閉症気質(自閉症スペクトラム)のぼくらは感覚が過敏になってしまっていることがあるので、それをアイマスクと耳栓で遮断するのです。

 

あと、ここに上げた医薬品の使い方は、すべて僕なりの使い方です。

 

試すのは自由ですが、なにか起きても責任はおうことはできません。

 

もし参考になれば幸いです。