発達障害 漂流記

発達障害(ADHD)の元引きこもりのブログ。強直性脊椎炎も併発

社会復帰をめざす、療養中ニートの一日

強直性脊椎炎からの回復のために、だらだらと過ごしてます。

とは言っても、寒くて外に出る気がしないので、もっぱら公営施設の巡回してるだけですが。

 

最近は、午前中は散歩するか、市営プールにいくのが日課になってます。

特に冬場はプールで運動するのがおすすめ。

 

うちの近くの市営プールは水温が30度程度に設定されており、外気温より断然暖かく運動できますね。

 

今は高齢者が多くプールに来ているので、かなり暖か目に室温も水温の設定も、シャワーの温度の設定もしてあるみたい。サウナもついているので、保養施設がわりですね。

 

また、水泳は必要なスポーツ用品が少なく、水着とキャップとゴーグルあわせて3000円から4000円あれば始められる。

 

今のプールは泳ぐだけでなくて、歩くレーンが設けられていることが多いので、そこを歩くと良い運動になります。

 

平日午前中なら、高齢者か、近くのサラリーマン社会人スポーツマンが練習に来ているぐらいで、人は少ないし、何より会話の練習にはもってこい。こんにちはーとか、どこから来ました?とか。

 

以前引きこもりから社会保険付きのフルタイムパートまで社会復帰をした経験から言うと、こういう間合いの取り方から学ぶのがいいと思ってますよ。

 

また、水中では重力が軽減されるので、水中運動するだけでいつもは動かさない部分を動かせますし。肩関節や股関節の筋肉が特にほぐれる気がします。

 

そして、午後になるとJKが練習に来ていて、目の保養に・・・・おっとこれは危ないね。

 

午後は図書館に行くか、マクドナルドにPC持ち込んで長居する。お金に余裕があればコメダに行く。だらだらと過ごしながら、人がどう動いているか?どう働いているか確認するのが日課になってます。

 

とにかく、引きこもりがちな冬にはプールの運動がお勧めという話でした。